細川興元 Hosokawa Okimoto

細川興元 Hosokawa Okimoto細川興元 Hosokawa Okimoto(1566年-1619年)

はじめ父や兄と共に織田信長に仕え、1577年の大和片岡城攻めでは兄.忠興とともに一番槍の武功を挙げた。

その後父兄とともに丹波.丹後地方の平定に赴き、天正9年、父.藤孝が丹後へ入国した時に名を玄蕃頭興元と改め、松井康之と共に家老職に任じられる。

天正10年(1582年)、当時の丹後守護職一色氏を滅亡させると、丹波郡、竹野郡網野庄、和田野など1万5千石を与えられ、10月に吉原山城に入城する。城の本丸に御陣屋を建て、二ノ丸.三ノ丸を築き、市街地を開いて城下町を嶺山(現在の京丹後市、旧峰山町に位置する)と名付けた。

信長没後は羽柴秀吉に仕え、天正13年の越中富山攻め、18年の小田原征伐、文禄の役では晋州攻めなどに参戦した。

興元にはなかなか子ができなかったため、文禄3(1594)年に忠興の次男である細川興秋を養子に迎えている。その翌年には興秋の母細川ガラシャの薫陶を受け、また家臣加賀山隼人(洗礼名ディオゴ)や高山右近の勧めもあり、これを受諾して洗礼を受けてキリシタンになっている。4。同時に、忠興の家臣5人も洗礼を受けた。

秀吉没後は徳川家康に仕え、関ヶ原の合戦、関ヶ原の合戦の前哨戦である岐阜城攻め、その後の福知山城攻めにおいても細川隊の先鋒として奮戦した。関ヶ原合戦後、忠興が豊前へ国替になるとそれに従い小倉城代を勤める。

しかし兄.忠興と不仲になり慶長6(1601年)12月、隣国の黒田長政に助力を得て出奔する。4

その後は自安(持安)と名乗り、堺の妙国寺で数年過ごしたのち父.幽斎を頼って京都の小川屋敷で隠棲した。慶長10年頃の京都には幽斎のもとに、忠興の子である忠隆(のちの長岡休無.慶長9年に廃嫡)).興秋兄弟もともに暮らしている。

幽斎死後の慶長15年(1610年)、徳川秀忠から関ヶ原での勇猛果敢さを認められ下野国芳賀郡茂木に1万石を与えられて大名に列した。真実は定かでないが、秀忠は興元に10万石を与えようとしたところ、不仲の兄.忠興の反対で1万石になったといわれている。

慶長19年(1614年)からの大坂の陣にも参戦し、酒井忠世に属した。翌年夏の陣においては5月7日阿倍野へ進軍する際、忠世の嫡男である忠行の軍を指揮し自らも敵を討ち首十四級を得ている。4

大坂の陣での戦功により元和2年(1616年)には常陸国筑波.河内両郡に6,200石を加増され、拠点を茂木から谷田部へと移し谷田部藩を立藩する。また翌年元和3年(1617年)には将軍.徳川秀忠の御伽衆に任命される。

元和5年(1619年)3月18日、江戸で53歳(57歳という説もあり)で死去。跡を沼田氏の娘が慶長9年(1604年)に産んだ興昌が継ぎ、谷田部藩は廃藩置県まで存続する。

出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E5%B7%9D%E8%88%88%E5%85%83

分享到:更多 ()