日根野吉明 Hineno Yoshiaki

日根野吉明 Hineno Yoshiaki日根野吉明 Hineno Yoshiaki(1587年-1656年)

慶長5年(1600年)6月、父.高吉が病死したために信濃諏訪2万7000石を継いだ。関ヶ原の戦いでは東軍に与して会津征伐では徳川秀忠軍に従軍して宇都宮に赴く。その後、西軍方の信濃上田城主真田昌幸の備えに回った。しかし、慶長6年(1601年)、祖父の弘就が西軍に属して取り潰された関係や、若年という理由から下野壬生1万2000石(一説には1万5000石)に減封された。

慶長19年(1614年)からの大坂の陣では徳川方に従い功を挙げた。その後、日光東照宮の造営など江戸幕府のために尽力し、それらの忠勤が認められて豊後府内2万石に加増移封された。府内藩政では城下内外の工事や寺社の修理、開削事業(初瀬井路、現在の大分県由布市庄内町大字櫟木より大分市東院までの間、約16kmが開削され「初瀬川」と呼ばれている4)などを積極的に行った。一方で、法に厳格であったために領民からは恐れられたといわれているが、初瀬井路の開削などにより現在でも地域住民により毎年顕彰されている。寛永15年(1638年)からは島原の乱鎮圧に従軍、正保3年(1646年)には長崎のキリシタン取締りを命じられた。

明暦2年(1656年)に死去。嫡男の吉雄は正保2年(1645年)に先立っており、死の直前、幕府に弟高当(高明)の息子吉重の長男高英を末期養子に願い出たが、当時の規定では末期養子が認められるのは当主の年齢が17歳以上50歳未満に限られていたため、数え69歳の吉明の願い出は受け入れられず、吉明の死をもって大名としての日根野氏は断絶。一族は旗本として存続した。

出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%A0%B9%E9%87%8E%E5%90%89%E6%98%8E