不破光治 Fuwa Mitsuharu

不破光治 Fuwa Mitsuharu不破光治 Fuwa Mitsuharu(生年不詳-1580年?)

家系には諸説あるが、不破隼人藤原直家の後裔とする説や清和源氏の棟梁.源為義の後裔.松井蔵人直家の子.直重が不破隼人佐を称したのに始まるとする説がある他、山城国の南宮神社社家の一である松井直家が美濃国不破郡府中村に移住して不破氏を名乗ったとする説がある。

美濃国西保城主。早くから美濃国の戦国大名.斎藤氏に仕え、稲葉良通安藤守就氏家直元の3人と共に西美濃四人衆といわれることもある。他の3人とは違い斎藤氏に最後まで忠節を尽くしたともいわれているが、斎藤氏滅亡後は織田信長に仕えた。

『浅井三代記』によると、近江国小谷城へ赴き浅井氏の家臣.安養寺経世と内談して信長の妹.お市と浅井長政との婚約をまとめ、輿入れの際には内藤勝介と共にお市の方に供奉したという4が、同書は元禄年間に出版された軍記物で同時代の史料ではないことに留意する必要がある。

永禄11年(1568年)7月、信長が越前国の朝倉義景に庇護されていた足利義昭の呼びかけに応じて上洛を決意すると、和田惟政.村井貞勝.島田秀満と共に義昭を越前まで迎えに赴き4、上洛戦で江北が平定されたときも、立政寺で待機していた義昭を迎えに派遣された4。 その後は永禄12年(1569年)8月の大河内城の戦い4、元亀元年(1570年)6月の小谷城攻め4、同年9月の志賀の陣4、元亀2年(1571年)9月の伊勢長島攻め4、元亀3年(1572年)4月の交野城後ろ巻き4、天正元年(1573年)7月の槇島城の戦い4、同年8月の一乗谷城の戦い4に参陣した。天正2年(1574年)には、越前の前波吉継が殺害されたのを受け、羽柴秀吉丹羽長秀らと敦賀へ出陣4、同年6月の伊勢長島攻めにも参陣した4

天正3年(1575年)8月、越前一向一揆平定戦に参陣し、一揆平定後に越前8郡は柴田勝家に預けられ、光治は佐々成政前田利家と共に同国府中の2郡を治めながら、勝家に対する目付を務めることとなって4、府中三人衆と呼ばれた。光治は同国竜門寺城を居城とした。以後は勝家の与力としても活動するようになり、天正5年(1577年)8月の勝家を総大将とした加賀国平定戦には、三人衆そろって参陣4。天正9年(1581年)2月の京都御馬揃えにも、勝家に率いられた「越前衆」の一武将として利家らと共に4参加していたが、上杉景勝が越中国に侵入して小出城を包囲したとの報せが入り、勝家以下越前衆は直ちに出陣するよう命じられた4

しかし、完全に柴田勝家の指揮下に固定されたわけではなく、天正5年(1577年)2月からの雑賀攻め4、天正6年(1578年)11月からの有岡城の戦い4、天正9年(1581年)9月の伊賀攻め4に動員されている。

越前国において死去したが、その年月には諸説あり、『戦国人名事典』では天正8年(1580年)12月14日、『美濃国諸家系譜』では天正9年(1581年)11月8日、『織田信長総合事典』では天正9年(1581年)以降、『織田信長家臣人名事典』では天正11年(1583年)頃としている。法名.雲樹道無大居士。

出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E7%A0%B4%E5%85%89%E6%B2%BB