足利頼純 Ashikaga Yorizumi

足利頼純 Ashikaga Yorizumi足利頼純 Ashikaga Yorizumi(1532年-1601年)

足利義明の次男で小弓公方家の当主;幼名国王丸,別名足利頼淳、喜連川頼純。

天文7年(1538年)に第一次国府台合戦で父.義明が戦死すると、安房国の里見氏を頼って落ち延び、その庇護を受けた。幼時には石堂寺に預けられたとみられている。

成人後は小田喜城に滞在したとも、後に諸国を流浪したともいわれているが詳細は不明。里見義頼と梅王丸の家督争いの際には義頼に偏諱を与えたとする見方がある一方(佐藤博信説)で、それに続く義頼と正木憲時の争いの時には後者についたとする見方がある(千野原靖方説)。北条氏が豊臣秀吉による小田原征伐によって下総国から撤退すると、その機に乗じて里見義康とともに父が住した小弓城を奪還した様である4

娘の鳩子(のちの月桂院)が秀吉の側室となったことと、足利氏の血を引くことから大名として復帰を許され、嫡男の国朝が下野国喜連川城を領した。ほかに娘として鎌倉東慶寺十九世瓊山法清がいる。

慶長6年(1601年)死去。

出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%B3%E5%88%A9%E9%A0%BC%E7%B4%94