浅利勝頼 Asari Katsuyori

浅利勝頼 Asari Katsuyori浅利勝頼 Asari Katsuyori(生年不詳-1582年)

比内の国人で清和源氏の一党.浅利則頼の正室の子に生まれる。

兄の浅利則祐が側室の子だった為か兄弟仲は悪く、安東愛季に与しようとした事から兄と反目するようになった為、安東軍を呼び込んで兄を自刃させて浅利氏の家督を継いだ。

家督を継いで以降は、大館城や中野城を築き、独鈷衆を配置した町割りを行うも、安東愛季の被官と言う立場だった為、次第に安東愛季とも対立していった。

※中野城を築城した頃から始まったとされる行事が大館市の「中野七夕」である。

津軽為信が勢力を拡大してくると、浅利勝頼は津軽氏と結んで安東愛季に対して謀反を企んだらしく、察知した安東愛季により宴席に招かれた際にホイホイ出かけていった浅利勝頼は、安東愛季の家臣(暗殺実行者と目される人物の中には松前慶広もいる)に暗殺された。

浅利氏の家督を受けついた子.浅利頼平が豊臣政権下にておこした浅利紛争の最中に没して、比内浅利氏は断絶した。

出處 http://dic.nicovideo.jp/a/%E6%B5%85%E5%88%A9%E5%8B%9D%E9%A0%BC